お金借りたい



お金借りたい 即日

『とにかく即日でできるだけ早くお金を借りたい!』切羽詰まった状況だからこそ、審査ができるだけ早くてすぐに借りられるカードローンを紹介!

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら


とにかく急ぎで即日でなんとかしたいという人の場合、大事なのは大手の銀行グループのカードローンであることなんです。それはなぜか??

こういった所は小さなカードローン会社に比べて審査が非常に早く、即日融資への対応も柔軟に行ってくれます。できるだけ早くをモットーにサービスを行ってくれていますので、絶対にこちらを選ぶべきです。
こちらのサイトでも即日で借りやすく、早くて利便性の高いカードローンをランキングで紹介しています。

今すぐ借りたい人はやはりカードローンが一番

  • 「今月出費がかさんでどうしてもお金が足りない」
  • 「いきなり友達の結婚式が入って厳しい・・・」

だれでもこういったお金のピンチはやってくるもの。でも友達との金銭の貸し借りは絶対にやめておきましょう!お金のやり取りをしてしまうと、あっという間に友人関係にヒビが入ってしまいます。どうしてもお金が必要な時は、こちらで紹介しているカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

お金を借りる!即日でもOKなカードローンランキングは

カードレス

◎プロミスの基本情報
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

最短即日

◎アコムの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社
アコムの公式サイトへ
アコムの公式サイトへ

アイフル

◎アイフルの基本情報
実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
運営会社 アイフル株式会社

アイフルの公式サイトへ
アイフルの公式サイトへ

LPバナー 200x200

◎モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット
モビットの公式サイトへ
モビットの公式サイトへ

オリックス銀行カードローン

◎オリックス銀行カードローンの基本情報
実質年率 3.0%~17.8%
限度額 800万円
審査時間 最短即日
運営会社 オリックス銀行株式会社

プロミスの公式サイトへ
プロミスの公式サイトへ

お金借りたい人必見!即日融資の大切なポイントは?

即日融資

即日融資


お金を借りるには大事なポイントがあります。
特に即日で借りたい人はいくつか押さえておくべき重要な事がありますので、
まずはそこをチェックしておいてください。

①借入希望額はなるべく低めに

借入額があまりにも高いとどうしても即日で融資の審査をするのが難しくなります。50万円以下の借り入れなら収入証明不要ですので、できるだけ少額にすることが大事になります。

もしも審査を通すのに不安があったり、正社員ではなくパート・アルバイトであったり契約社員であったりと不安があるのであれば、最初は30万くらいの少額で審査を申し込むのがいいでしょう。そうすれば即日で審査も融資も可能ですよ。

②融資実績の高い大手を選ぶこと

今すぐにお金を借りたい場合、やはり融資実績の高い消費者金融系のカードローン大手から借りることをお勧めします。プロミスやアコムなどの大手は特に即日のサービスが充実していますので、そちらを選ぶべきでしょうね

消費者金融系のカードローンと書きましたが、できればそっちがいいでしょう。銀行系カードローンになるとどうしても即日で審査してくれる所が少なくなります。1週間くらいはかかりますので、即日でお金を借りたいのであれば消費者金融系のカードローンにしましょう。

③午前中にネットで申込む

自分の口座に振り込んでほしい場合は、午前中にネットで申し込むのが必須です。融資の審査は大手だと30分から60分で完了しますが、そこからの振込になりますので、もしも午後であると翌日扱いになってしまう事もあります。お金を即日融資で借りる場合は午前中と覚えておきましょう。

④自動契約機(無人契約機)を利用

もしも午前中に間に合わず、午後になってしまった。。。そんな場合でも大丈夫な方法があります。まずネットで申し込みを済ませた後、近くの自動契約機に行きましょう。そこでカードを受け取って併設しているATMでお金を受け取るという方法があります。アコムの営業時間は8:00~22:00、プロミスは9:00~22:00(※一部21時もあります)ですので、かなり遅くまで借りることが出来ますね。


即日融資でお金を借りるために必要なもの

必要書類

必要書類


今すぐ即日でお金を借りたい人は何を用意すればいいの?
初めて借りる場合は特に不安になりますよね?
お金を借りたい人が用意すべき必要なものを紹介していきますね。

本人確認書類

お金を借りる場合、何よりまず必要になるのが本人が確認できる書類ですね。
運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しがこれに当たります。
これが無いと借りることはできませんので、まずは用意してください。

良くあるのが、転勤や結婚などで免許書と今の住所が異なる場合なんですね。
この場合、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証などが必要になります。
出来れば面倒ですので、先に住所の変更をして免許書の裏面に書いてもらっておくべきです。

借入希望額で必要な書類が変わる

さっき、出来れば50万円以下の方が即日で借りたい人はいいって書いたのですが。
と言うのは、必要な書類などが変わってくるからなんです。
借りたい金額が50万円を超える場合や、他からも借りている場合。
また借入残高と借入希望額の合計が100万円を超えると、収入証明書が必要になります。

消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1と決められているからなんですね。
給与明細や所得証明書なんかが必要になってきますので、どうしても手間がかかってしまいます。
できるだけ少額で借入して、すぐに返せるようにしたいですね。

即日融資でも金利には要注意

金利

金利


たしかにキャッシングで即日でお金を借りたいと思ったらすぐに借りることが出来ます。
50万円以下なら、必要書類も少なく、非常に簡単に借入出来ちゃいます。
でも注意は必要です!

お金を借りると、必ず利子がついてきます。
1.7%~18.0%とかなり広く利子も設定されているんですね。
キャッシングなどではどうしても高い利子が設定されている場合がほとんどです。

でもプロミスとアコムに関しては、初めて借りる場合30日間の無利息サービスを行っています!
さすが大手の会社ですよね。こういうお得な点は絶対に利用しましょう。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら


ただ、大手で無利息だからと言って、どんどん借りていたのでは返済が間に合いません。
ほとんどの人はちょっと足りないからと借りる場合がほとんどでしょう。
でもちゃんと考えて借りなければ、返済できなくなります。

きちんと期限内に返すことで、アナタの信用度はさらに上がります。そうすると限度額も増え、いざ困った時に助けになるんです。今いくら借りていてどれくらい返済しないといけないのかはちゃんと把握しておきましょう。

個人情報は信用情報機関によって管理されている

信用情報機関

信用情報機関


個人信用情報についてご存知ですか?私もあなたも恐らく情報が信用情報機関によって管理されています。

信用情報機関では個人の信用情報(本人の属性、クレジットカードやキャッシングの契約状況、借入・返済などの取引状況など)を管理する役目を果たしています。

しかも毎月の返済金額だけでなく、延滞の記録であったり債務整理の記録なんかもそこで情報として記録されているんですね。

勝手に登録されるのが嫌だと思うかもしれません。
ですが、一度でもクレジットカードを利用したことがある人は、この信用情報機関にあなたの情報が登録されます。

よく、携帯の引き落としをクレジットにしていて、残高不足で引き落とせなかったなんてことあると思います。
でもそれってまずいんですよ。あまり頻繁だと、その記録も個人信用情報に載っていますから、他での借り入れに影響するんです。

データには本気でお金が無くてなのかうっかりなのかはわかりませんからね。

信用情報機関の種類

今現在、日本の信用情報機関は3つになっています。
それぞれについて簡単に紹介しますね。

  • 日本信用情報機構

最も古く歴史のある信用情報機関になります。
主な会員は、消費者金融と信販会社であり、多くの情報がリアルタイムで更新されている情報機関になります。

  • シーアイシー

信販会社・クレジットカード会社が主な会員となっている情報機関です。
原則として月1回以上登録情報の更新が義務にされているので、かなり情報が正確でリアルタイムなものとなっています。

  • 全国銀行個人信用情報センター

銀行や銀行系クレジットカード会社、銀行系の信用保証協会、農協、信用組合、信用金庫といった銀行もしくは銀行に近い分類にされる所が会員として利用しているのがこの全国銀行個人信用情報センターです。

個々の特徴は、他の2つと比べて自己破産の官報情報を10年間記録として保管されています。やはり銀行系ということで厳し目の情報となっているのが特徴ですね。

CRIN(クリン)で事故情報を統一化

信用情報機関

信用情報機関


それぞれが独自の情報を持っていて、それがリアルタイムで更新されている。情報機関はそういった状態と言えます。

さらにその情報網を強化しているのが、CRIN(クリン)というネットワークです。

CRIN(クリン)によって、お互いがネットワークでつながれ、事故情報を共有できるようなシステムになっているんです。

つまり、消費者金融系カードローンで返済できなくて延滞したけど、別の情報機関に所属する信用組合なら借りれるかというと、まず無理です。そこで起きた金融事故は全ての情報機関でシェアされています。だからバレてしまうんですよ。

データが一元化されることで、まず不正ができなくなっているですね。でも良いこともあるんですよ。

この事故情報の一元化によって、大手のカードローンでは事故情報がすぐにわかります。つまり、審査が早くなってその精度も高くなるんです。即日審査や即日融資に対応できるようになったのも、このCRIN(クリン)のネットワークのおかげなんです。

金融事故さえ起こさなければ、私達にとっては非常にありがたいシステムと言えます。

カードローンの審査に通る人と通らない人

審査

審査


消費者金融や銀行のカードローンで融資を受けたい時に、必ず審査はあります。その審査の中でどうも通りやすい人と通りにくい人が出てきているんですね。

この審査の通過の差はどこにあるんでしょうか?

いくつか審査で重要な点を挙げてみますので、ご自身にあてはめて考えてみて下さい。

収入が安定していること

まずはやはり収入についてです。収入=返済能力と見られますからここはかなり重要です。

当然ですが、年収100万円と300万円では大きな差があります。審査が通りやすいのはもちろん後者。ですが、収入の金額だけではありません。

収入ができれば毎月安定して入っているとさらに審査が通りやすくなります。日雇いでどうしても収入にばらつきがあると、返済能力に若干の疑問がつきますので。

信用情報が良く金融事故などがない

この信用情報もお金を借りる上では非常に重要な情報です。
これはつまり、あなたがお金を借りてきちんと返しているかどうかをチェックされているんですから。

先程の収入が多いほうがいいと書きましたが、いくら収入が多くても返済が滞納していたり債務整理を行ったことがあったりすると、まず審査が通りません。

こういった件を金融事故と呼びますが、金融事故を起こしてしまうとどうしてもお金を借りられなくなります。

他社借入をしていても審査は通るの?

ちなみに他社借入をしているとどうなのか心配ですよね?
3件以上借りているとさすがに厳しいのですが、それより少なれけば問題ありません。

例えば消費者金融系のカードローンでお金を借りていたとします。2つのパターンで比較します。

一つはA社に20万、B社に20万円借りています。
もう一つはA社から40万円借りています。

これどっちが今後の審査が通りやすいかというと、後者なんですね。

まず、1社からしか借りていないという点。これが最初のポイントです。
複数借りているよりも、やはり1社からだけのほうが今後の審査は通りやすくなります。

さらに1社から40万円借りているという点。
どちらも合計40万円なんですが、後者は単独で借りているんですね。
つまり、40万円借りても返せるというあなたの返済能力を指し示しているんです。

単独で40万円の返済ができる信用があると判断されているんです。

前者は単独では20万円の返済能力であると判断されているから、それ以上のお金が借りられないんです。

後、貸金業者がこういった状況で何を考えているか何ですが・・・。
【今後いくらまで借入が膨らんでいくのか?】

なんですね。複数から借りていると膨らみやすい傾向があります。

審査を最優先に考えるのであれば、おまとめローンなどを利用して件数を減らすのも必要だと思います。

お金を借りたいけど職業によって何か変わるの?

職業での違い

職業での違い


正社員がお金を借りたい場合

正社員

正社員

カードローンなどの融資審査をする場合、何を一番重要視するのか?それはやはりしっかりと返済が出来るかどうかなんですよね。

そのためには収入が安定していることが大きなポイントになります。その点正社員が即日でお金を借りたい場合有利に働きます。カードローンの審査は通りやすいと言えます。

その際に重要視されるのが、もちろん会社の格もあるんですが、勤続年数はやはりポイントになります。どんな会社であれ長年勤めていれば通りやすくなるでしょう。できれば半年以上の勤続年数が欲しいですね。そうすればある程度のカードローンの審査はパスできます。

派遣や契約社員がお金を借りたい場合

派遣社員・契約社員

派遣社員・契約社員

派遣や契約社員は非正規雇用と呼ばれています。その分どうしても正社員と比べると属性は悪くなります。

正社員の場合は、例えば病気や怪我があったとしても、最低の賃金が保証されるのですが、どうしても派遣や契約社員ではそういった事が出来ません。

また、派遣や契約社員は契約年数というものがあります。お金を借りる場合、継続して返済してもらわないとダメですので、どうしても雇用が不安定な非正規社員は属性が悪くなりがちです。

ただ、しっかりと勤めていればこちらで紹介している物であれば十分にお金を借りることが出来ると思います。まずは即日の少な目の融資からがいいでしょうね。

後、よく質問があるのですが、在籍確認の事についてです。派遣会社の場合、実際に働いている場所と派遣元が違う事がありますね。その場合ちょっと心配になります。でも大丈夫。所属しているが不在であるという事が伝われば全く問題ありません。

カードローンの会社から電話があるっていうのが知られたくないのであれば、クレジット作ったから電話があると伝えておくといいでしょうね。

パート・アルバイトがお金を借りたい場合

パート・アルバイト

パート・アルバイト

正社員じゃないとお金を借りれないの?
パート・アルバイトでは貸してくれないんでしょうか?

そういった不安はあると思いますが、パート・アルバイトでもお金を借りることは出来ます。ただ非正規雇用ですので、どうしても正社員よりは属性が悪いので借りられる金額などは少なめになるでしょう。

派遣や契約社員と同じで、やはり病気や怪我をした際には雇用が確保されませんし、賃金も保証されません。そういった不安定な立場がどうしても属性を下げてしまうんです。

ただ、基本的には収入があるのであれば、返済能力はあります。ですからパート・アルバイトでもお金を借りることは出来ます。

こちらでも大手の消費者金融系のカードローンを紹介していますが、こういった所でできれば少額で借りることが審査を通過する際の決め手になると思います。

学生がお金を借りたい場合

学生

学生

学生でももちろんお金を借りたい場合借りることができます。よく知られているのが学生ローンですね。学生証があれば無担保・保証人なしで借りることが出来ます。ただ、アルバイトなどの収入があることが前提になります。限度額は最高で50万円程度の低めの設定になっています。

学生ローンの場合、ほとんどが20歳以上から借りることができます。中には18歳からでも借りれるものもあるようですが、基本的には稀で二十歳以上がほとんどと言えるでしょうね。ただ、学生ローンの場合、返済や借り入れできる場所が限られているなど、利便性が悪い場合が多いようです。

キャッシングやカードローンの場合、やはり正社員に比べるとどうしても属性は悪くなります。ただきちんとアルバイトなどで収入があるのであれば、借りる事はできるでしょう。返済も色んな場所で出来ますし、即日融資もありますので、こちらの方が利便性は非常に高くなります。こちらでも推奨している大手のカードローンであれば、即日融資の審査も早いですし、一度審査を受けてみる事をお勧めします。

主婦がお金を借りたい場合

主婦

主婦

主婦がお金を借りたい場合は大きく2つに分かれます。ご自身がパートなどで収入がある場合と専業主婦をされている場合ですね。

パートなどで収入がある場合は、正社員ほどの属性の良さは無いですが、カードローンで借りることが出来ます。もちろん即日の審査や融資も全く問題ありません。ご自身の収入の1/3という総量規制がありますから、それ以下の金額であれば全く問題無いです。

大手のカードローンであれば、パートやアルバイトの方でも即日の審査や融資をしているサービスがあります。ぜひ利用してみてください。WEB上で全て完結してしまいますので、旦那さんにバレることなく借りれますよ。

専業主婦の場合ですが、やはりご自身に収入がないので、ほとんどの所で借りることが出来ません。継続した収入がなくては返済が出来ないからなんですね。ただ、専業主婦NGがほとんどですが、中には配偶者の収入が安定していれば借りれるところもあります。限度としては50万以下と少額ですが利用できるところもありますので、チェックしてみてください。

女性がお金を借りたい場合

女性

女性

なんとなくキャッシングやカードローンと聞くと、男性が借りるイメージがあるかもしれませんが、最近では女性が借りることも多々あるとの事。でも電話応対が男性オペレーターだとどうにも色んな事が聞きにくいですよね。。。

そんな女性のために、大手のカードローンなどでは女性が相談窓口で対応してくれるサービスがあります。これがレディースキャッシングです。

レディースキャッシングは基本的には普通のキャッシングと何ら変わりません。ですが窓口は女性が対応してくれるため、女性にとって相談しやすいキャッシングになっています。こういったサービスを展開しているかどうか、まずはチェックしてみてくださいね。

シニア・高齢者がお金を借りたい場合

高齢者

高齢者

最近では長生きされる方が増えているので、どうしてもお金の問題に困るという場合も増えていると思います。シニアや高齢者の方でもどうしてもお金に困っている場合が見られます。

シニアや高齢者の方はお金を借りることが出来るんでしょうか?
ココで大事な条件は2つです。

  • 69歳以下であること

これは重要です。ほとんどの大手の消費者金融系のカードローンでは70歳になると新規の借り入れができません。キャッシングでお金を借りるのはやはり返済能力が問われますので、働き口が少なかったり病気などのリスクの高いこの年令になると、なかなか貸してくれません。

  • 年金以外にも収入があること

これもけっこう大変な条件です。とは言っても正社員のように多くの給料を得なければならないということではないです。例えばシルバー人材センターなんかに登録して多少でも収入があれば、ちゃんとお金を借りることが出来ます。あくまで年金だけではダメってことです。

こういった条件を満たしているのであれば、即日融資も可能なカードローンをうまく利用してみて下さい。

家族に内緒でお金を借りたい!即日融資や審査も可能?

バレずにお金を借りる

バレずにお金を借りる


即日融資や審査を急いでいる人の多くが、ちょっと足りなくて今すぐにピンチと言う人がほとんど。特にパート主婦の方や実家に住んでいる人なんかは、できれば家族に内緒で借りたいと思うものです。

じゃあ、実際に家族にバレないで借りることは出来るんでしょうか?
答えは【YES】です。

ただ、ポイントになるものがありまして、それが郵送物になるんです。
郵送物のとして送られてくる代表的なものは、次の3つですになります。

1.カードと申込時の契約書などの書類
2.利用明細書
3.滞納した場合の督促状

これを何とかすることで、家族にバレずにお金を借りることができるんですね。


それでは大手のプロミスやアコムで見てみましょう。

プロミスで家族にバレずにお金を借りたい

プロミスはカードや申込みの契約書無しで契約可能です。
WEB完結申込でカード発行なしが出来るんですね。
対象金融機関は200以上ありますので、カードなしでも大丈夫です。

利用明細書ですが、申し込み時に『書面と受取方法』でWEB明細にチェックしておけば大丈夫。
それだけで自宅に利用明細書が送られてくることはありません。

催促状は返済が滞らなければ、送られてくることはありません。


アコムで家族にバレずにお金を借りたい

カードや申込み時の契約書はどうしても受け取らなくてはなりません。
アコムと契約する場合はカード受け取りは必須になります。
でも郵送以外の方法はあります。それはむじんくんで受け取る方法です。

むじんくんで受け取れば、自宅に郵送されることは無いですからバレる心配はありません。

キャッシングする場合の明細書は、必ず発行されます。
ですので、バレたくない人は、ATMでキャッシングするようにしましょう。
であれば、そこで明細が出てちゃんと捨てれば問題ありません。
(ポケットや財布に入れておくと・・・・後で見つかる可能性も)

催促状は滞納することが無ければ、当然送られてくることはありません。


いかがですか?
やはり大手のカードローンであればこういった細やかなサービスがついています。

あまり知られていない所で借りると、すぐに自宅に郵便物が届いてしまいます。
家族にバレたくない場合には非常にやっかいです。

特にこの2つの大手カードローンであれば、安心して借りることが出来るでしょう。
もちろん即日審査や融資にも対応していますから、まずはチェックしてみてください。

プロミス
三井住友銀行グループ

プロミスは、借入日の翌日から30日間の無利息期間がついています。最短1時間!即日融資も可能!

≫詳細はこちら

アコム
三菱UFJフィナンシャル・グループ

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、契約日の翌日から30日間の無利息期間がついています。

≫詳細はこちら


在籍確認無しでお金を借りられる?

家族にバレないで借りるのも、もちろん大事ですが。
やっぱり会社にもできるだけキャッシングしているのをバレないようにしたいですよね。

その際に一番気になるのが消費者金融からかかってくる在籍確認。
この電話が会社にかかるのが怖くて、お金を借りられないっていう人もいるようです。

在籍確認無しでかりることはできるのか?

基本的に消費者金融系のカードローンでも銀行系のカードローンでも・・・
在籍確認を避けて通ることは出来ません!これは仕方のないことです。

勤務先への電話は基本的には個人の名前でかけてくれます。
決してアコムのとかプロミスのなどと言った会社名を言わないですから安心です。

特に大手の消費者金融系のカードローンではこういった個人情報についてかなり厳しく管理しています。
オペレーターの個人名ですから、安心してくださいね。

会社にはクレジットカードを作ったと言うふうに伝えておきましょう。

クレカを作る場合でも在籍の確認は必要です。
掛かってきた時に備えて、そう伝えておくことがポイントですよ。そうすれば全然怪しまれることはないですから。

総量規制についてご存知ですか?

総量規制という言葉、ご存知でしょうか?
総量規制とは2010年6月18日に施行された貸金業法の規制の一つになります。

この総量規制の狙いというのは、借りすぎによって債務超過に陥ることを防ぐ働きがあります。

簡単に説明すると、貸金業者からの借入が制限されるのですが、その額が年収の1/3までの借入になるのです。

年収は給与や年金収入、不動産の賃貸収入、個人事業の事業収入などが挙げられます。
これらの合計の1/3までしか借りれませんという仕組みが総量規制です。

ただし、住宅ローンや自動車ローンなどは総量規制の対象外になります。
またおまとめローンと言うものがあるんですが、これも総量規制の対象外になります。

おまとめローンは顧客が一方的に有利となる借換えになるからなんですね。
こういった借換えは要するにお客が得をする、借金を減らせる借換えなので、総量規制の対象外となります。

こちらで紹介してるローンの中では、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象になります。
逆に、銀行系のカードローンは総量規制の対象外になっています。

自分がどれくらい借りているかを把握しつつ、できるだけ総量規制範囲内での借入をしていきましょう。

お金を借りる!でも気になる質問にお答えします

お金を借りる

お金を借りる


ここではお金を借りる時に気になるんだけどなかなか他の人には聞けない。そんな質問についてお答えします。

こんな場合はお金を借りられるの?そんな疑問にズバリお答えしますよ。


在籍確認無しでお金を借りれますか?

実はこの質問が一番多いんじゃないかと思います。
お金を借りたい、ピンチなんだけど、どうすれば会社にバレないように借りれるのか?と言うことですね。

やはり在籍確認はできるだけ避けたいというのが本音のようです。

在籍確認について調べてみましたが、今現在の消費者金融系のカードローンや銀行系のカードローンの殆どは、在籍確認が必須の状況となっています。

じゃあ在籍確認を避けることはできないのか??
そんなことはありません。

実は消費者金融のカードローンで在籍確認が唯一無いのが消費者金融のモビットです。
モビットが人気の理由|誰にもバレずにお金を借りたい人必見

モビットであれば、「WEB完結申し込み」を利用すれば在籍確認無しでお金を借りることが出来ます。

実はみなさんと同じように『会社にバレたくない』という理由でモビットは利用者がかなり増えているようです。
どうしても在籍確認を避けたいのであれば、モビットを利用してみてくださいね。

延滞中でも借りられるカードローンが知りたい

お金を借りていると、中では返済が延滞してしまったり遅延してしまったり。最終的に債務整理になってしまう人がいます。こういったことが起こると金融事故として扱われ、信用情報に残るようになります。この前説明した信用情報機関によって記録が残るんですね。

で、こういった人の中で延滞中の方でもお金を借りることが出来るんでしょうか?

答えは『借りられない!』が正解です。

金融事故を起こしてしまった人に対して、金融機関は非常に厳しい対応を取ります。
まず、大手の消費者金融もしくは銀行系のカードローンでは新規でお金を借りることは出来ません。

もちろんある一定期間にはなるのですが、こういった厳しい対応がされます。
では、絶対にお金を借りることが出来ないのかというと、決して絶対とは言えません。

例えば中小の消費者金融では延滞中の方でもお金を貸してくれるところがあります。ただあくまで可能性の話です。

地方には大手とは違って、地元を中心として貸金を行っている消費者金融もあるんです。
最近のこういった中小の消費者金融は、きちんと貸金業法に基いて運営されており、健全な所も多いんです。

なぜ中小の消費者金融だと借りられる可能性があるんでしょうか?
それには審査の方法の違いがあります。

大手の消費者金融、または銀行系のカードローンはマニュアルの範囲内ですぐに融資可能かどうか決定されます。
スコアリングシステムとなっていて、その範囲から少しでもはみ出すと借りることが出来ないんです。その分審査のスピードが早く、即日審査にも対応できるようになっているんです。

中小の消費者金融系のカードローンは、一応こういったスコアリングも参考にしていますが、それ以上に現在の状況を加味して審査をしてくれます。例えばあなたの生活の状況や返済の状況などを実際に人が見て、それによって審査してくれるんです。

多少大手よりも時間がかかりますが、その分門前払いと言うことは無いはずです。

それでもこれでは債務超過になってしまうという場合は借りれません。ただもしも大手で借りられなかったら、中小の消費者金融もあることを覚えておいてくださいね。

参考キャッシングサイト

お金を借りたいと思った時、なかなか他の人に相談できませんよね?他人に相談するには恥ずかしい内容ですし、知っている人もあまりいないと思いますし。そんな場合に何を参考にお金を借りれば良いのでしょうか?こういったサイトを参考に即日で借りられるポイントを調査してみてくださいね。

お金借りる即日