学生でもお金を借りられるの?

学生

学生

お金を借りるというと、どうしても会社員が借りるというイメージが有ると思います。

ですが基本的には、学生でも20歳以上でアルバイト収入があれば、社会人と同じようにカードローンに申し込むことができます。

ただ、どうしてもカードローン会社の選び方や条件などはポイントになってきますので、こちらでも紹介していきますね。

19歳・未成年の学生はお金を借りれる?

これ、実は結構聞かれる内容なのでお答えしておきます。
基本的に、ほとんどの消費者金融系のカードローンは20歳以上が対象になっています。
ですので、19歳や未成年でお金を借りるというのは難しいのがほとんどです。
学生で未成年なのであれば、まずは両親に相談するなどの方法を取ったほうが無難といえますね。

なぜ20歳未満は貸していないのか?
それにはこんな理由があるからなんです。
消費者金融では、申込み年齢を20歳以上としているところが多いです。これは未成年と金銭契約を結んでも、親権者が取消を行うことができるからです。つまり契約相手が未成年であった場合は、お金を貸しても完済する前に親権者が契約の取り消しを行えば、それ以降の返済はしなくて良くなるのです。

また、よく聞かれる内容がもう一つあります。

アルバイトしてない学生でもお金を借りられるの?
これも基本的にはNGです。消費者金融系も銀行系も同じですが、お金を借りる条件として安定した収入がある事が条件になっています。
アルバイトでもパートでもいいんですが、そこを満たさないと難しいですね。

学生がカードローンで借りられる金額は?

消費者金融系のカードローンで借り入れをする場合。
限度額としては、アルバイトの4ヶ月分になります。つまり収入の1/3って事です。

これは総量規制という決まりがありまして、消費者金融系のカードローンでは年収の1/3以上は貸せない決まりになってるんです。

学生さんの多くが103万以下の収入の場合が多いですよね?
そうなると34万円くらいが限度の金額になってきます。

基本的に即日でお金を借りたい場合、50万以下の少額にしておくことがいいでしょうね。
実際は30万以下くらいであれば通りやすいですし、返済も滞りにくいですしね。

もしもそれ以上借りたい場合は銀行系のカードローンを選ぶことになります。
ただ、審査はどうしても消費者金融系のカードローンよりも厳しくなりますし、審査に時間がかかります。

早急にお金が必要なという場合は、やはり消費者金融系の大手で借り入れするのがいいでしょう。

学生が親や家族にバレずにお金を借りる事ができますか?

やっぱり家族や親にはバレないでお金を借りたい。
そう思っている人は多いでしょう。確かにバレると恥ずかしいですし、まず親からは怒られます。

なんとなく家に電話とかかかってきそうで怖いと思う人も多いと思います。
でも基本的に滞納などがない限り、家にかかってくることはありません。

だから電話で親や家族にお金を借りているのがバレるってことはほぼ無いんです。

じゃあ、なぜ親にバレるのかというと、それは郵便物なんですね。これが家に届くことで、バレてしまうことがあるんです。
でも安心してください!最近の大手の消費者金融系の借り入れではそれすら回避できるんです。

例えば、申込みをWEB完結で行えるサービスもあります。
カードも無人契約機に直接行けば、そこで発行してくれて、さらに利用明細票もネットにすることができます。

さらに、もっと進んでいるサービスではスマホから借り入れができるものもあるんです。
カードレスだから家に届くことも無いですし、当然明細もネットでということになります。

こういった便利なサービスはほとんどが大手の消費者金融系のカードローンになります。
そこから選ぶことで、親や家族にバレずに借りることができますね。
※ただし滞納すると連絡がある場合はありますのでご注意を!

キャッシングや借り入れのせいで就職活動や内定に影響したりするの?

学生さんだと今まさに就職活動を行っている人もいると思います。
そんな人は、やっぱり就職に影響しないかどうか、また仕事に影響しないか心配になります。

でも安心してください。内定先に借り入れしている事がバレることもないですし、就職に影響はありません。

ただ、注意してほしいのが、返済の滞納です。
滞納していて、カードローン先からの連絡を無視しているなどの悪質な場合。

これは就職先に連絡が来る可能性はあります。そうなると、給料の差し押さえなどの法的な措置が取られている場合があります。

さすがにそれは学生であれ、社会人であれ同じこと。きちんと返済できるようなシュミレーションでお金を借りるようにしてください。
20歳以上の成年なんですから、そこは責任が発生しますよ。