個人事業主がお金を借りるには

女性

女性

個人事業主といえば、簡単に言えば自営業の方が多いですね。
こういった自分で会社をしている方がお金を借りたい場合、こういった以下のような方法があります。
  • 1.銀行から融資してもらう
  • 2.ビジネスローンで融資してもらう
  • 3.日本政策金融公庫から融資してもらう

なんとなく、銀行からお金を借りてというイメージが強いかと思います。
確かに銀行でも貸してくれるのですが、それ以外にも日本政策金融公庫などから借りることもできます。
それぞれ、融資までの時間や融資金額にも差がありますので、それによって使い分ける事が肝心だといえますね。

個人事業主が銀行から融資をしてもらう

銀行から融資して貰う場合、例えばこういった条件で融資をしてもらうことができます。
  • 1.無担保で融資してもらう
  • 2.事業用の車を担保にして融資してもらう
  • 3.特定の業種向けの融資をしてもらう

①が最も条件の良い借り入れとなりますね。担保は一切無しで貸してもらえるというわけです。
保証人については、殆どの場合が本人になることが多いです。
金利は非常に低く、条件もカードローンなんかに比べるとかなりいいと言えますね。

ただし、全てが無条件でってわけではないです。
例えば、借り入れの金額は平均月商の3カ月~6ヶ月程度までとなっています。
いくらでも借りれるってわけではないんです。
事業の運転資金の場合は3年程度、設備投資の融資は5年程度で完済することを求められます。
ある程度健全な会社で、事業の成績もよく問題ない場合にこの無担保での借り入れが行われています。

②はバスやトラックを持っている会社にある融資ですね。これを担保にすることで借り入れすることができます。
もちろん車両の数が増えれば増えるほど、借り入れできる金額は増えていきます。金利についてもその分下がる傾向にあります。

③は農業や漁業関係の仕事の場合、こういった融資を受けることができます。
職種は限定されますが、該当する場合、まず相談してみることをおすすめしますね。

基本的に銀行での融資には時間がかかります。
金額は結構大きな金額を借りれたりもするんですが、その分審査は厳し目で時間がかかってしまうのが特徴だといえます。

個人事業主がビジネスローンで融資をしてもらう

次にビジネスローンについて見てみましょう。ビジネスローンはノンバンクが個人事業主に向けて提供しているローンになります。ノンバンクは、銀行以外の貸金業者の事を言いますが、例えば信販会社であったり消費者金融会社、またクレジット会社などを指しています。

このビジネスローンは個人事業主にとってはかなり助かるローンだと思いますね。何と言っても・・・

審査の回答が非常に早く、審査に通りやすい。
また、総量規制にもかからないローンだから借りやすい。

これらが大きなポイントになっています。

個人事業主の方でよくあるのが、従業員への支払いであったり仕入れの支払いが発生することですね。その際にどうしても資金がショートしてしまうっていうことはやはりありえることなんです。そんな時に銀行の融資で1ヶ月審査にかかっていたのでは遅いんです。それこそ会社が飛んでしまいます。こういった場合にビジネスローンであれば、即日で審査してくれて融資してくれるから非常に助かるんです。それでいて銀行の融資よりも審査基準が優しいですから、ある程度通りやすいんで安心感もあるんじゃないかと思いますね。

また、ビジネスローンは保証人なし担保なしで借りることができます。銀行の融資であればどちらも必要になることがかなりあるので、そういった面でも非常にありがたいですね。当然総量規制とも関係ありませんので、年収の1/3という縛りはありません。

ただ、どうしてもその分金利は高くなります!しっかりとした返済計画があれば問題ないのですが、行き当たりばったりで借り入れてしまうと返済が滞る場合が多いようです。返済計画を立てて借り入れをするようにしましょう。

個人事業主が日本政策金融公庫から融資をしてもらう

日本政策金融公庫は国の機関になります。銀行などの他の金融機関に比べて、低金利でお金を借りることができます。
中小企業や個人事業主の強い味方なんですね。

ビジネスローンなんかに比べると、たしかに多少審査に時間はかかります。ですが、その分かなり低金利でお金を借りる事ができるんですね。年率で言うと大体1~3%の間くらいでしょうか。それくらい低金利で借り入れすることができるんです。

日本政策金融公庫から借り入れする場合は、基本的に運営費用とか長期で利用するお金をこれで借りることをおすすめします。長期で返済になっても負担はかなり小さいからです。

融資の審査はある程度緩い方だと思います。ただ国の機関とは言え公庫ですから、全く返済の予定が立たないような企業にはお金を貸してくれません。少なくとも返済の見通しがある会社や事業に限られます。

それでも難しいとは思わずに、運転資金や設備投資の資金でもいいですから一度はチャレンジしてみてください。通ればかなり楽に運営できると思いますよ。

個人事業主は消費者金融系のカードローンでは融資が無理?

ここまでの借り入れは主に個人事業主の事業に関する借り入れについてでした。でもそれじゃ問題になることもあるんですね。
そう、その人の生活に必要なお金についてなんです。これは銀行融資やビジネスローンのお金を使うわけにはいきません。

じゃあ、個人事業主って消費者金融系のカードローンの審査はどうなの?って思いますよね。
これについては、収入が継続してあれば問題ありません。

ただ、サラリーマンにくらべるとどうしても属性は低めにされてしまいます。安定という面では、公務員や上場企業のサラリーマンには劣りますからね。でも少額であれば問題なく借り入れすることは可能ですよ。