シニア・高齢者でもお金を借りられるの?

パート・アルバイト

パート・アルバイト

シニア・高齢者になると、どうしても急いでお金が必要になることがあります。医療費もありますし、急な出費に対応しないといけません。
そういった際に利用できるカードローンについてこちらでは紹介していきます。

高齢者ならではの条件もありますし、いろんな決まりがあります。
どうすれば借りれるのか?という点を詳しく紹介していきますね。

何歳までカードローンで借り入れできますか?

実は借り入れする際に年齢制限があるってご存知ですか?
ほとんどの消費者金融系のキャッシングでは年齢制限があります。

それは69歳までなんです。
70歳超えると、ほどんどのカードローンが新規で利用できません。

例えば大手の消費者金融系のキャッシングではこうした年齢制限があります。

  • プロミス:20~69歳
  • アコム:20~69歳
  • アイフル:20~69歳
  • モビット:20~69歳
  • ノーローン:20~69歳
実際に今では多くの人が70歳を過ぎても元気で働いているのですが。
お金を借りるという点では、今は殆どのところがこの条件になっています。

銀行系のカードローンの場合、実はもっと厳しい条件になります。

  • みずほ銀行カードローン:20~65歳
  • 三井住友銀行カードローン:20~65歳
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」:20~64歳
  • 新生銀行カードローン「レイク」:20~70歳
  • オリックス銀行カードローン:20~65歳
  • 新生銀行カードローン「レイク」:20~70歳
  • ソニー銀行カードローン:20~64歳
64歳や65歳と言った数字が見えますよね?
今はほとんどの人が65歳でも働いています。
それでも新規の借り入れは難しいようなんです。

シニア・高齢者が借り入れるための条件とは

先程年齢について制限があると紹介しました。
それ以外にシニア・高齢者が借り入れるための条件を紹介します。

それは通常の借り入れと同じく毎月安定した収入があることです。これはどの世代でも同じですね。

シニア・高齢者だからといって正社員じゃないと駄目ではありません。
パート・アルバイトだったとしても、それは問題ありません。
大事なのは継続した収入があるかどうかです。

1.給与
2.年金
3.恩給
4.不動産の賃貸収入(事業として行うものを除く。)
5.事業所得

こういった収入があれば、それは継続した収入とみなされます。
ただ、実は多くの消費者金融系のカードローンは年金収入だけでは申し込みできないとなっています。

年金収入だけで申し込めるローンは非常に少ないのが現状です。
殆どの大手のローンが年金以外の収入も必要とされています。

70歳以上は市役所や公的金融機関から借り入れる

もしも消費者金融系のカードローンや銀行系のカードローンを使えない。
そういった状況であれば、公的機関を利用することを考えてみてください。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度はこういった世帯に対して貸付を行っています。

1.低所得者世帯
2.障害者世帯
3.高齢者世帯

例えば低所得者についてですが、市町村民税が非課税になるくらいであれば対象になります。
障害者世帯は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている世帯ですね。
高齢者世帯は65歳以上の世帯を指しています。

生活福祉資金貸付制度については、原則連帯保証人が必要になります。
ただ、保証人なしでも借りることができますが、その際は金利が年1.5%発生します。

年金担保貸付事業

この年金担保貸付事業は名前の通り年金を担保にして借り入れを行うことができます。
生活必需品や医療費など必要な小口資金を中心に借りることができます。
金額的には10万~ですが、「受給している年金額の0.8倍以内」という決まりがあります。

70歳以上は他に借り入れる方法はないの?

70歳以上になると全く借りられないかというと、そんなこともないんですね。
例えば、銀行のフリーローンの中には70歳でも借りることができるものがあります。

三井住友銀行フリーローンだと、担保によって異なります。
担保ありだと70歳の誕生日まで借りることができますね。

色々な借り入れの方法がありますが、ご自身にあった方法で借り入れてくださいね。