一般社団法人生活サポート基金とは

一般社団法人生活サポート基金というのを聞いたことありますか?社団法人のサービスになるのですが、生活のリメイクというミッションを掲げ、困窮した生活のサポートをしてくれるサービスになります。経済的な問題を解決できるように、融資をしてくれ生活の相談にも乗ってくれるんですね。

ファイナンスを受けられない方や社会的弱者といわれる方々に対して、 生活再生のための低利資金の提供、生活再生への的確な助言を目的としています。ただ、基本的に国や公共団体ではなく一般の団体になります。融資も金利はかかりますからそういった点で勘違いの内容にしたいですね。

生活再生ローンってなんですか?

生活サポート基金が提供する生活再生ローンですが、こういった方を対象としたローンになります。
  • 消費者金融からの債務を整理するため
  • 税金、公共料金、家賃などの滞納した場合に整理するため
  • 個人信用情報などにより金融機関などから借り入れできない場合
  • 債務整理後、生活再建をはたせるように自立支援のため

こういった基本的に借りにくく、困っている人を中心に貸付をしてくれます。
ただ、生活再生ローンには注意が必要です。

総量規制の対象に入る
金利は年12.5%以内(遅延損害金利率年利14.6%)

これ見た時に、ああ厳しいなって思ったかもしれません。
そうです、まず最初に総量規制範囲内だという点です。つまり年収の1/3を超える融資はできないというものです。
いくらおまとめで借り換えをしようとしても、金額が増えると借り入れできません。

後、他の融資と同じように返済できる能力が無いと貸してくれません。つまり専業主婦や無職の方には貸してくれないんですね。
こういった場合は公的機関からの融資や援助を受けることをおすすめします。

後、基本的に貸金業法に準じたサービスになりますので、50万以上の借り入れには収入証明書が必要。
この辺は他の銀行系のカードローンや消費者金融系のカードローンと同じです。

後、生活サポート基金と聞くと、なんだか大丈夫な感じがしてしまいますが。
金利は年12.5%かかります。もちろん消費者金融系のカードローンよりは低いですが、金利は結構高いのを覚えておいて下さい。

生活再生ローンのデメリット

生活再生ローンのデメリットとしては保証人が必要という点ですね。
消費者金融系や銀行系のカードローンでは、少額であれば保証人は必要ありません。
ですが、生活再生ローンは少なくとも1人の保証人が借りるために必要となります。

借金の状況次第では担保も必要ということですから、結構厳し目な感じがしますね。

生活再生ローンのメリット

生活再生ローンのメリットとしては、もちろん通常の消費者金融系のカードローンに比べると金利は低いです。
100万円借りているとしたら金利はどれくらい変わるんでしょうか?

・消費者金融系カードローン
100万×0.18×30日÷365日で14794円。

・生活再生ローン
100万×010×30日÷365日で8219円。

融資だけで終わるのではなく、その後の相談にも乗ってくれる所はメリットですね。継続的な支援をしてくれたりサポートをしてくれるので、生活を本気で立て直したいという人にはおすすめですね。

しかも融資相談だけではなくこういったことも一緒に相談に乗ってくれます。

(債務整理・家計管理・公的支援の紹介・不動産関連・住居移転関連・依存症問題・家族関連・職場に関する事・契約に関する事・生活保護申請・相続・財産管理・弁護士会・司法書士会等の紹介)

これ、下手な弁護士に相談するよりも早い気がします。
つまり、生活のお金の部分だけでなく、それ以外の問題点の改善もできるかもしれないんですね。
借金を背負っている場合、やはりなんらかの家庭の問題がある場合が多いですから。

例えば、不動産を持っている場合。
そのまま持っておくべきか現金化するべきかなど、専門の法律家と一緒に相談できます。
普通は個別に弁護士さんなどに相談することですから、ありがたいですね。